趣味を本業にする際の注意点とは?

2月 23, 2017 · Posted in · Comment 

会社員という本業がありながら、本格的なレベルの趣味を持っている人もいるでしょう。そういった人の中には、それを活かすことで本業として転職しようと考えている人もいるかもしれません。

もちろん、趣味といえどもプロレベルに達している人であれば、その道で独立して事業を始めることは人生の有望な選択肢といえるでしょう。しかし、すべてがスムーズにいくとは限らず、そういった人たちが見落としがちな注意点も存在します。

その中で一番重要ともいえるのが、事業を始めても顧客本位になれず、自己満足を追求してしまうことです。プロとして事業を進めていく場合には、自分の提供するサービスや商品によって、顧客の役に立つことが大切です。顧客が満足することによって、収入に繋がってくることになります。

しかし、その道の出発点が「その道が好きだから」という理由だった人は、事業を始めた後に自分本位という姿勢をできる限り排除する努力が必要かもしれません。つまり、プロに徹することが必要になるということです。もちろん独立した後も、その道で自分が楽しむという姿勢は大切ですが、それをある程度抑制し、顧客にとって何が一番かということをプラスアルファで考えていくことが事業成功の近道となります。

もし、趣味としての楽しみを失うことがいやだという人は、それを本業にしない方が幸せかもしれません。純粋に楽しむことを捨てる覚悟があれば、事業としてやっていけるといっても過言ではありません。